1. >
  2. >
  3. 大分に来たら必ず食すべし!大分県のグルメ情報

大分に来たら必ず食すべし!大分県のグルメ情報

90トラベル! 大分に来たら必ず食すべし!大分県のグルメ情報

大分の名物料理「とり天」

大分は「うまいもの」
が食べられるお店がたくさんあるスポットとして有名です。
大分には他の地方にはないおいしいお料理がたくさんあるのですが、その中でも特に有名なのが「とり天」です。
とり天というのは鶏の唐揚げによく似ているのですが、衣が唐揚げとは違います。

たとえば超おいしいとり天が食べられることで有名な「レストラン東洋軒」では衣に新鮮な地元の卵が使用されています。
しかも水は一切使っていないので、濃厚な黄金色の衣を楽しむことができます。
「レストラン東洋軒」は元祖とり天のお店とも言われていますから、大分以外の出身でまだとり天を食べたことがない人はぜひ一度訪れてみるといいですね。

にんにくや醤油、ごま油などでしっかりと下味が付いているのが特徴です。
酢醤油と練り辛子でいただくことが多いですが、カボスを添えても絶品です。

「あつめし」も絶品

大分でもうひとつ、大人気なのが「あつめし」です。
あつめしというのは漁師のまかない飯で、炊きたてのご飯の上にブリやサバ、アジなどの漬けを乗せた丼です。
あつめしの特徴は食べている途中で熱々のお茶やだし汁をかけること。
だから一品で2通りの味が楽しめてしまいます。

あつめしの中でも特にブリのあつめしは農水省の郷土料理百選にも選ばれているほどですから、丼ファンなら試してみることをおすすめします。
ブリのあつめしがおいしいお店としては「だれやみ」が有名です。
居酒屋だれやみは蒲江の漁師グループが発足した「かまえ直送活き粋船団」直営ですから新鮮さとおいしさはお墨付きです。

大分といえば別府温泉が有名ですが、グルメにとっては別府冷麺も垂涎の的です。
もちもちと歯ごたえのある麺とキムチの組み合わせは年間を通していつ食べてもおいしいものです。
別府冷麺のおいしい評判のお店「胡月」では牛肉チャーシューの乗った冷麺を提供しています。
「胡月」は創業40年を越える老舗中の老舗で、このお店が別府冷麺の発祥の地とも言われています。

地獄蒸しプリン

別府には温泉の湯気を利用して作った「地獄蒸し」と呼ばれるお料理があります。
野菜やカニの地獄蒸しには何とも言えない風味がありますが、最近人気急上昇中なのが「地獄蒸しプリン」です。
温泉にはイオウが成分として含まれていますが、このイオウには殺菌作用があるため、防腐剤を入れる必要がないのだそうです。

特に明礬温泉の岡本屋売店で売られている地獄蒸しプリンは甘みも控えめなので、ダイエット中でもだいじょうぶです。
大分名産のスイーツではもうひとつ、「ざびえる」もおすすめです。
フランシスコ・ザビエルにちなんだこのお菓子には和洋折衷の魅力があります。