1. >
  2. >
  3. 観光の合間orメインで訪れたい佐賀県のパワースポットまとめ

観光の合間orメインで訪れたい佐賀県のパワースポットまとめ

90トラベル! 観光の合間orメインで訪れたい佐賀県のパワースポットまとめ

パワースポットのメリット

日本に限らず、世界各地には「パワースポット」と呼ばれる場所があります。
パワースポットの特徴はその場にいるだけでストレスが癒やされる、疲れが取れる、ポジティブな力を得ることができるなどです。
中には磁石を置いても針がぐるぐると回って正しい方角を示さないところもたくさんあります。
仕事に追われて疲れている時にはパワースポットに行って元気をもらってくるといいですね。

佐賀県の中でも北西部の唐津エリアは玄界灘に面し、大陸との交流によって育まれたパワースポットが数多く存在します。
中でも「宝当神社(ほうとうじんじゃ)」は年間で20万人の参拝者がある人気のパワースポットとして知られています。
宝当神社のある高島は唐津の宝当桟橋から定期船で10分のところにあります。

野崎隠岐守綱吉(のざきおきのかみつなよし)が大権現として祀られていますが、名前の演技がいいことも人気の秘訣のひとつです。

天然のパワースポット

パワースポットというと神社、特に岩や石が多いのですが、古い大木も強いパワーを発揮していることがあります。
JR武雄温泉駅から車で20分のところにある「川古の大楠」はパワースポットとして有名です。
樹齢3000年を超え、国の天然記念物にもなっている楠のうろの中には稲荷の石碑も祀られています。

この楠は全国出も第5位という巨木で、見上げているうちに些細な心配事などはどうでもよくなってくるから不思議です。

「武雄神社(たけおじんじゃ)」の境内にある御神木「夫婦檜(めおとひのき)」も有名なパワースポットのひとつです。
2本の木なのですが、根と枝の部分がつながっており、縁結びと良縁にご利益があります。
籠神社の裏手にはさらに樹齢3000年以上の楠の大木もあります。
根本には12畳ほどの空洞もあり、祠には天神様が祀られています。

毎年10月には800年以上続いてきた流鏑馬(やぶさめ)も奉納されるので、これと合わせて訪問剃るのがおすすめです。
7月から9月までは「武雄のあかり展」で楠がライトアップされ、幻想的な空間を醸し出します。

観光にもぴったりのパワースポット

毎年300万人が訪れる「祐徳稲荷神社(ゆうとくいなりじんじゃ)」もパワーが感じられる場所です。
朱塗りの社殿が美しく、見ているだけで心が洗われるような気持ちになります。

また、海神が祀られている「大魚(おおうお)大明神」も強大なパワーが感じられるスポットですので、ぜひ一度行ってみたいものです。
海の中に建ち並ぶ3基の鳥居は満潮時には海中に没しています。
アクセスはJR多良駅から歩いて10分、車で2分ですが、満潮時は海中道路はつかえませんので注意が必要です。