1. >
  2. >
  3. オススメを厳選して紹介!長崎のレジャースポット特集

オススメを厳選して紹介!長崎のレジャースポット特集

90トラベル! オススメを厳選して紹介!長崎のレジャースポット特集

長崎平和公園は平和のシンボル

長崎に行ったらぜひとも訪れたいのは、長崎平和公園です。
長崎に原爆が落とされたのは1945年8月9日午前11時2分のことでした。
その日は長崎の多くの人たちにとって、忘れられない日忘れてはいけない日になったのです。

この公園は広島についで日本で2箇所目となってしまった原子爆弾による大きな被害を多くの人の胸に刻むために建てられたのでしょう。
悲しくもそんな原爆の犠牲になってしまった方々を偲び、戦争の悲惨さを伝える場所として平和の願いを込めて平和公園と名付けられたのです。
そんな先人たちの思いを汲みながら、訪れたい美しい広々とした公園です。

平和記念像は神の愛と仏の慈悲を表す

長崎平和公園についてまず目に入るのは平和記念像ではないでしょうか。
この平和記念像は高さおよそ9.7メートルあり、神の愛と仏の慈悲を表している本当に平和そのものなのです。
像の右手は天を指して原爆の権威を表し、まっすぐに伸びている左手は平和を表します。
毎年、原爆投下の8月9日には平和記念式典が開催されているのです。

全世界に平和宣言を発表する長崎原爆の日には、特に感じたい平和の大切さがこの公園に込められています。
長崎平和公園に行ったら、この平和記念像を眺めて平和について考えましょう。

平和の泉は冥福を祈るために作られた平和の泉と長崎の鐘

長崎平和公園には平和の泉と平和の鐘があります。
この2つも見ておきたいものです。
平和の泉は被爆した方々が水を求めて亡くなってしまったことを踏まえて、そんな方々に水をささげて冥福を祈るために作られました。
平和の泉の近くには原爆資料館もあるので、併せて行ってみるとより深く長崎の原爆の悲惨さを知るでしょう。

長崎の鐘は被爆地にあった軍需工場で亡くなった多くの人々の冥福をいのるために作られました。
33回忌にあたる1977年のことです。
亡くなった方たちの多くは動員学徒や女性挺身隊という呼称の中学生や女学生でした。
ここでも冥福を祈りたいものです。

行って良かったという口コミKさん35歳

私は子供と一緒に長崎平和公園を訪れました。
子供はまだ小学生ですが、学校で先生から原爆の話を聞いていたので、その悲惨さをかれなりに感じたようでした。
長崎は明るくきれいな街で美味しいものもたくさんありますが、こうした悲しい歴史があったことを知る場所があるのは素晴らしいことだと思います。

子供がもっと大きくなったらまた訪れたいものです。
子供にわかってもらえるか不安でしたが、行って良かったと思います。

アクセス情報を知っておきたい

住所は長崎県長崎市松山町2400-1です。
アクセスは電車の場合はJR長崎駅から6番12番系統バスに乗りましょう。
10分くらいで松山町につくので、そこで下車します。
バス停からは大体徒歩3分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です